gorian91@電子書籍セレクト

gorian91のおすすめ漫画・書籍を紹介するブログです。

大阪駅前第4ビル宝くじ売り場で、ある程度狙った番号の宝くじを購入する方法

f:id:gorian91:20141231212259j:plain

皆さんは年末ジャンボ宝くじを購入しましたか?

ついに当選番号が発表されましたね。

 通常、宝くじを購入する場合は、連番、バラの 2種類のいずれかを選び、購入しますよね。 しかし、大阪駅前第4ビルの宝くじ売り場では、 ある程度自分の狙った番号を購入することができるようです。

 

GIGAZINEさんにも載っていました。情報はやすぎ。。

 

狙った番号を購入するための6種類の注文方法
連番、バラという買い方以外に、6種類の購入方法があります。
  • 特連:「01組~100組」の10枚づつが連番の1000
  • 特連SP:「01組~100組」番号の下3桁が「000~999」の10枚づつが連番の1000
  • 特バラ:「01~100組」各1枚、番号の下2桁が「00~99」のバラ100
  • タテ連:同じ組で11以上続くもの
  • タテバラ:連続しているバラ(10枚ならただのバラ20枚なら同じ組の連続した2枚づつ)
  • ダブル:組、番号が全く同じもの(ユニット違い)

 

ちなみに私は購入していなかったのですが、両親がバラ10枚入りを15セット、連番10枚入りを3セットにバラ5枚、合計185枚、金額にして55,500円分購入していました。年々宝くじにつぎ込む額が増えていてちょっと心配。。

 

今回紹介した買い方は、年末ジャンボに限らず、 他の宝くじでも同様に使えるみたいなので、 今回残念ながら当選を逃した方も、是非お試しあれ。