読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gorian91@電子書籍セレクト

gorian91のおすすめ漫画・書籍を紹介するブログです。

名刺は必要?不要?個人事業主にオススメしたい名刺作成サービスまとめ

f:id:gorian91:20150121163228j:plain

名刺って本当に必要だと思いますか?最近、疑問に思うようになってきました。名刺くらい自分でイラレで作れよって声もあるでしょうし、それはそれでひとつの方法なのでしょう。

 

しかしながら、デザインをしたことのない人が、頑張って名刺を作ったところで、多くの場合、無駄に時間がかかる割に、

 

「ハイフンのベースライン下がっとるやんけ!!!」

「カーニングくらいやれよ!!!」

 

と、残念な結果になります。

 

このへんだったら、まだ、許容範囲かもしれませんが、あきらかにバランスおかしかったり、マイナスに捉われてしまうことも起こり得るわけであります。

 

私の場合、前職では、障害のある方(特に視覚障害のある方)とお会いする機会が多くありましたが、名刺に点字がついていないので、

 

「渡しても意味ないやんけ!!」

 

はたまた、転職後は、外国人が代表を務める派遣会社でして、

 

「名刺投げ捨てとるやんけ!!!!」

 

素人が無理して時間かけて頑張って、シンプルと言う名の素っ気ない名刺が仕上がるくらいなら、プロに任せよう、名刺に無駄な時間をかけるのはやめようぜという結論に至りました。

 

前置きがとっても長くなりましたが、「名刺作成に時間をかけたくない!」そんな個人事業主の方にオススメしたい名刺作成サービスをまとめましたので、ぜひご覧ください。基本的にオンライン注文、テンプレートに文字を入力するサービスのみピックアップしています。

 

 

  • 価格:普通
  • 品質:普通
  • 納期:最短3時間〜

一つ目はキンコーズ。デザインのテンプレートから選び、文字を入れて注文するというもの。モノクロのシンプルなものからちょっとだけ装飾されたデザインしてあるものまで、割と種類は豊富。

 

一番の特徴は納期で、注文してから最短3時間での受け取りが可能となっています。名刺がないけど今日中に必要という場合はこちらに注文すれば大丈夫でしょう。

 

 

 

受付当日出荷!格安名刺印刷のマヒトデザイン

 

  • 価格:普通
  • 品質:普通〜やや高め
  • 納期:翌営業日〜

こちらもテンプレートを選んで情報を入力するというもの。キンコーズ と違うところは、デザインの拡張性があるということ。

 

文字の配置や写真を配置することができるので、ゼロから作るのはめんどくさいけど、ちょっとだけこだわりたいという方にオススメ。

 

 

  • 価格:かなり高め
  • 品質:かなり高め
  • 納期:最短10日前後〜

こちらは名刺100枚で1万円以上するかなり高めの価格設定。キンコーズに比べると、価格はおよそ5倍くらいでしょうか。しかも、納期は最短で10日くらいかかります。

 

ただ、値段が高いだけあって、名刺のクオリティはダントツで高いです。中でもNo.700シリーズという、かわいいキャラクターの入った名刺はすごく良い感じ。私はカメレオンが気に入って注文しました。入力した情報を元に、字間などがバランスの良い配置となるよう、微調整してくれるので、値が張ってもこだわりたいという方にはオススメ。

f:id:gorian91:20150121163007p:plain

ちなみにカメレオンはこちら。他にも動物や果物をモチーフにしたイラストから選べます。

f:id:gorian91:20150121163057p:plain

 

ということで、3つのサービスを紹介しました。他にも名刺を作れるサービスはたくさんありますが、個人的に良いなと思ったのはご紹介した3つでした。他にも知りたいという方は、こちらに比較しているサイトがあったのでこちらをご覧ください。

 

名刺作成サービス徹底比較!(作成シミュレーションあり) | MFクラウド 公式ブログ

 

 

思い切り名刺を否定したものの、当然ながらあくまで個人レベルの話であって、価値観はひとそれぞれ。個人の方でも、めちゃめちゃ印象に残る名刺を活用している方もいらっしゃいましたし、営業ツールとして大いに活用するのも当然あり。

 

デザイン会社や、大手の企業なんかであれば、目指すべきビジョンやブランドがあったりもして、広報的な観点において、欠かせない場合もあるでしょう。

 

しかしながら、個人として考えたときに、どうしても名刺を作らないといけないなんてこともありません。ホリエモンも名刺は不要と話をされているように、私も名刺は不要派、そのうち使わないのが主流になると感じている次第であります。